手作りソーセージ☆


今年の春先に私の10年来のダンサー友達のヨシクンが正社員での定職についたので、就職祝いを東急ハンズ に買いに行った時、ソーセージ作りキットっていうのがあってそれを就職祝いにしたんですが、 (仕事と何も関係ね〜!^^;)そのときソーセージ作成用のもっと安物の器具があったん で自分の分に買いました♪ついでに羊の腸の塩漬けが10mで700円だったの でまとめて買って、うちではよく手作りソーセージをおいしくいただいております☆
という訳で今回は手作りソーセージですy(^^)y
たくさん作って食べない分は冷凍していつでも食べれます♪


こんな感じです。1800円位しました。結構高いですね。まあ東急ハンズだったし・・・。



@ これが天然羊腸です。塩漬けになってて、使う分だけだして残りは冷蔵庫で 保存しておきます。10mもあれば中々なくなりません。かなりの回数分あります☆ 出した分の今回使う分の腸は水につけておきます。


A たまねぎとにんにくをすりおろしておきます。


B 天然羊腸は作りたいソーセージの長さよりちょっと長めに切っておきます。


C ボールに入れた挽肉にすりおろしたたまねぎ、にんじん分量の塩、砂糖、ナツメグ、 パセリ(粉々の)、バジル(粉々の)を混ぜます。ナツメグ等の量はお好みで調整すると いいでしょう。


D 手でこねていきます。肉がペースト状になって白みがでてきたらこねるのは完了です☆


E いよいよ皮に肉をつめていくのですが、まず金口の先に天然羊腸の先っちょをかぶせて いきます。この作業が中々慣れるまで難しいんですが、水道で水を流して腸の口の先から 中に水を入れて中に水を流し込んで洗うようにすれば先の口が見つけやすいです。


F 金口の根元まで腸をたぐり寄せておきます。まるでなんかみたいでちょっとひわいですね (^^;
それと、腸の一番先を団子結びしておきます。


G 絞り出し袋に肉をつめて腸の中に肉を搾り出していきます。 あまり強引にやると皮が破れちゃったりするので気を付けて時々手でうまい具合に押し出し てあげるようにします。


H うまいぐあいに先まで肉が詰まって、腸のもう片端の方まで近づいてきたら、端を結ぶ 分の皮をのこして金口から皮を取り外し団子結びしたら、ソーセージの形の完成です♪


I 結構できました♪☆


J 金口の中や搾り出し袋の中に余ってた肉でピーマン肉詰めを作りました☆


K 今回食べない分は1本づつラップして冷凍しておけばいつでも解凍してゆでて食べれます☆


L まず塩ゆでします。生の場合は10分もゆでれば十分です。


M ゆであがりです。皮がやぶれていたんでこんなんになっちゃいました。そのままゆであがり を食べてもおいしいですが、今回はピーマン肉詰めがあるんで一緒にソテーします☆


N 油をひいたフライパンでソテーするのですが、肉詰めはふたをして蒸し焼きにします。 一緒にソテーしてたら、皮がやぶれちゃいました(><)
出来上がったら、残ったフライパンの油にケチャップとウスターソースを大さじ2づつ 入れて混ぜてソースを作って上からかけます♪
見た目は今ひとつでしたが超うま!!でした♪


P 残ったゆで汁に5倍濃縮の麺つゆをゆで汁の1/5程いれラーメンにしたらまたこれが 激うまでした♪


Q 翌日塩茹でにしていただいたソーセージです☆これまた超うま♪
ちなみに牛と豚の合挽き肉や鶏の挽肉などでも作ってみましたが、豚が一番ソーセージ!って 感じの味でおいしいです(^^)

一番上へ戻る
Copy Right さっとん Co.,Ltd. Since 2006
Ads by Sitemix